1999年の秋、東京から会津に移住し、2000年6月に高郷村で豆腐屋を開業しました。 健康にもよく美味しい豆腐を作ることをめざして、大豆と天然ニガリ(長崎県五島列島産)だけを使って手作りしています。 大豆のうまみをひきだすため、昔、中国から豆腐づくりが伝わった時の作り方と言われる「生搾り」を採用。

その後、10年にわたって、安全で日本一おいしいと言われる豆腐づくりをめざして努力して参りましたが、 2011年3月11日の原発事故が発生。会津でも放射能汚染の心配がありましたが、当時十分な情報や 計測機器がなく、豆腐の安全に確信が持てず3ヶ月後の6月12日をもって休業しました。長年の夢だった福島県産の無農薬大豆100%で豆腐作りができるようになったところでした。

その後、各地を転々としましたが、翌2012年中頃に会津に帰還。検査体制が充実してきたこともあり、使用する水を自主検査に出したところ安全が確認されたため、 2012年11月10日に再開することにしました。再開にあたって、いろいろなことが振り出しに戻ってしまい、ゼロからの出直しとなりました。

3.11後の厳しい状況の中で、安全には細心の注意を払いながら、将来的には、再び福島県産の有機無農薬大豆を使って、日本一美味しいと言われる豆腐づくりをめざしています。 時間をかけて、地元の大豆を使って、地元の方に喜んでいただける豆腐を提供する地産地消型の小さな豆腐屋に戻ること。それが理想です。ただ、休業以前は豆腐づくりに一生懸命になるあまり 福島の原発の問題など福島県民として注意を払うべきことがおろそかになっていたと反省しています。福島から原発のない未来を実現するために、豆腐屋として、ささやかながらも努力したいと 思っています。安全で美味しい豆腐づくりをめざす豆腐屋と原発は共存することができません。


会津は、豊かな自然と清らかな水に恵まれた人情豊かな土地柄です。 せっかく当店に来ていただいても、売り切れの商品もあるかもしれませんが、すばらしい温泉も多く、 のびやかな時間を満喫できることは間違いありません。是非、一度会津へお越し下さい。

2014年10月29日

豆腐屋おはら店主
小原直樹

定休日: 月火(祝日の場合営業)
営業時間11:00-18:00


Email: ご質問・お問い合わせはこちらから
(メールのご返事には数日かかることがありますが、ご容赦下さい。)
   住所: 〒969-4316
福島県喜多方市高郷町大田賀字地神原1308-2

TEL: 0242-85-2770
最寄り駅: JR 磐越西線 山都駅
高速道路: 磐越自動車道 会津坂下IC
地図


お品書き(商品一覧) 通販&ご注文 豆腐屋おはらについて 豆腐屋おはらの豆腐づくり アクセス 会員登録

トップページへ戻る

ご質問・お問い合わせはこちらから